脊柱管狭窄症

腰痛の女性

  • 歩くと痺れるような痛みが出る
  • 少し休むと痛みが軽減する
  • 前に丸まると痛みが軽減する
  • お尻や足に痺れるような痛みが現れる
  • 排便、排尿が上手くできない

ヒアリング近年、徐々に増加傾向にある症状です。
50代から増え始めて、60~70代の高齢者にとても多く見られます。

症状が進み悪化していくと、歩く事すらままならなくなりますので
気になる方は当院へご相談ください。

脊柱管狭窄症ってなに?

身体の歪み日本の高齢者に多く見られる疾患で、この症状が現れると長時間歩く事が難しくなってしまいます。

また、初期では歩行中に痛みが出た場合でも休憩をすることで再び歩けるようになります。

脊柱管狭窄症は、腰の痛みはそれほど強くなく
安静にすれば症状が落ち着いてきます。

脊柱管狭窄症の原因は?

年齢とともに腰椎(腰の骨)が変形を起こしてしまい、背骨を通る神経が圧迫されることで痛みを起こしてしまいます。

今までの生活で、腰に負担をかけるようなことをしてきた方は要注意です!

その他、原因はこのようなものがあります。

・身体の使い方が上手く出来ていない
・姿勢の悪さ
・筋肉の低下

根本的に改善する為にも、原因をはっきりさせることが大切です。

武蔵野台駅前整骨院の脊柱管狭窄症へのアプローチについて

強い痛みが出ている場合

ハイボルト当院には、痛みを取るのに優れたハイボルト療法があります。

脊柱管狭窄症の場合、神経の興奮によって痛みが起きてる場合があります。
このハイボルト療法では神経の興奮に直接作用し、痛みを取り除くことが出来ます。
また、脊柱のどの部分が一番炎症を起こしているのかを検査することができ、
”治療”と”検査”の二つを同時に行える機械となっております。

ハイボルト | 府中市 武蔵野台駅前整骨院 (musashinodai-seikotsuin.com)

原因が骨格の歪みにある場合

脊柱管のストレスを減らすためには、骨格の歪みを正しくさせる必要があります。
何故なら痛みを伝える神経がこの脊柱管の中を通っているからです!

武蔵野台駅前整骨院では、患者様のお身体を無理させずにゆっくり大きく動かしていく手技療法と、骨格の歪みをミリ単位で調節するトムソンテーブル矯正を行うことが出来ます。

骨盤矯正 | 府中市 武蔵野台駅前整骨院 (musashinodai-seikotsuin.com)

インナーマッスルが弱っている場合

脊柱管狭窄症の原因の一つとして、”姿勢の悪さ”があります。
現代では良い姿勢を無意識に出来ている人がとても少ないんです!

なぜなら、便利な世の中になっていくと同時に皆さんの身体の中にあるインナーマッスル(体幹)が弱ってきているからです。
インナーマッスルの筋力が低下すると、骨盤を維持できなくなり姿勢が崩れてしまいます。

痛みをなくす為、それから再び痛みが出ないように予防する為にも
インナーマッスルの強化は不可欠となっています!

当院には寝ながらインナーマッスルを鍛えられる機械がございます。

インナーマッスルトレーニング | 府中市 武蔵野台駅前整骨院 (musashinodai-seikotsuin.com)