半月板損傷

  • 膝の曲げ伸ばしの際に痛む
  • 膝関節に水が溜まっている
  • 正座をすると痛む
  • リハビリ後に早く復帰したい
  • 階段が上りづらい

半月板は膝の関節の中にある2つの軟骨の事です。

この半月板が損傷すると膝を動かす際に痛みが出たり。
悪化すると膝が動かせなくなってしまいます。

普段、半月板は膝関節のクッションの役割膝関節を円滑に動かす役割を持っており
日常生活の負担が膝に溜まると、損傷を起こしやすくなってしまいます。

 

半月板損傷の原因は?

半月板損傷の原因は大きく分けて2つあります。

まず一つ目。
年齢とともに半月板が変性する場合。

膝関節は消耗品といわれており、関節内に存在する半月板も日常生活の負担が溜まると機能が徐々に損なわれてしまいます。
特に、40歳を過ぎたころから半月板損傷を起こしやすくなるので
若いうちから、膝に負担をかけない生活習慣を続けることが大切です。

そして二つ目。
スポーツ活動中の怪我から生じる場合。

スポーツ中の接触や転倒などにより、膝に体重がかかったまま捻ってしまうことがあります。
その時の外力や衝撃により半月板は損傷してしまうのです。

その際に前十字靭帯損傷を合併することがあります。

武蔵野台駅前整骨院の半月板損傷に対する施術

武蔵野台駅前整骨院では、患部の状態を把握するために検査や患者様へのヒアリングを行います。
患者様のお身体の状態に合わせた最適な施術プランを説明・提案させていただき、
患者様のご理解をいただけた上で施術をさせて頂きますのでご安心ください。

半月板損傷により痛みが強く出ている場合

ハイボルト痛みが強い場合はまずその痛みを軽減させるための施術を行います。

当院ではハイボルト電気機器を使ったハイボルト療法を行います。
この機械では、痛みの原因を探る検査を行い原因が神経筋肉にある場合
その炎症を取り除き、痛みを改善させることが出来ます。

ハイボルト | 府中市 武蔵野台駅前整骨院 (musashinodai-seikotsuin.com)

 

半月板損傷の原因が姿勢の歪みから来ている場合

骨盤矯正膝への負担を減らすためには骨格から姿勢矯正を行い
日常生活でかかる負担を減らす必要があります。

当院では、人の手による手技療法での矯正
機械を使ったトムソンテーブル矯正という2つのオリジナルな矯正を行い
姿勢改善からお身体へかかる負担を減らすことが出来ます。

骨盤矯正 | 府中市 武蔵野台駅前整骨院 (musashinodai-seikotsuin.com)

猫背矯正 | 府中市 武蔵野台駅前整骨院 (musashinodai-seikotsuin.com)

 

骨格の歪みがインナーマッスルの低下から来ている場合

インナーマッスルとは骨格を支え、正しい姿勢を維持するために必要な筋肉です。
近年、アウトドアよりもインドアの時間が長くなってきたこともあり
インナーマッスルの筋力が低下している方が多くいらっしゃいます。

当院では患者様の現在のインナーマッスルの筋力を数値化し現状を把握してから
その筋肉を鍛えるトレーニングがございます。

機械を使い寝たまま鍛えることが出来るので、
運動があまり得意でない方も安心してトレーニングをすることが出来ます。

ハイボルト | 府中市 武蔵野台駅前整骨院 (musashinodai-seikotsuin.com)