仙腸関節炎

  • 仰向けで寝ると腰が痛い
  • 動き始めに痛みが出る
  • 椅子に座っていると腰やお尻が痛い
  • 前かがみ姿勢になると痛みが出る
  • 痛みがある側を下にして寝られない

仙腸関節炎って?

腰痛にも多くの種類がありますが、

腰の下にあたりに痛みが生じる場合、

仙腸関節炎の疑いがあります。

    

前かがみ姿勢になる時などに仙腸関節は少しだけ動きますが、

動く範囲は2㎜~3㎜と言われています。

ほとんど動かない関節ですが、さらに動かなくなってしまうことで、

仙腸関節に炎症が起きてしまい、痛みが出る事を

【仙腸関節炎】と言います。

仙腸関節炎の症状

主な症状としては、

腰痛の女性

仙腸関節部(骨盤の出っ張っているところ)の痛みが最も多くみらえます。

その他にも腰痛、お尻や鼠径部(足の付け根)、脚にまで痛みが出る事があります。

日常生活では、長く座っていることが辛かったり、痛みがある方を下にして寝られない、動き始めの痛みが出る事で、生活に支障を抱える方も多いです。

 

仙腸関節炎を放置しない為に

仙腸関節炎をそのまま放置していてもなかなか改善せず、痛みが長期化してしまう事があります。痛みも重い鈍痛もあれば、鋭い痛みが出る事もあります。

長期化しない為にも、しっかりと施術を行っていく事が重要です!!

お気軽にご相談ください