肋間神経痛

  • くしゃみの衝撃で痛みが出る
  • 肋骨に沿って痛みがある
  • 寝ている体勢でも痛みが出る
  • 深呼吸をすると痛みが出る
  • 上半身を捻ると痛みが強く出る

肋間神経痛とは

 肋骨と肋骨の間や                                                                                                                    肋骨に沿って走行している神経が障害され                                                                                    痛みや不快感を感じる症状を肋間神経痛と言います。

この神経が障害されることで感じる症状を総称して                                                                        肋間神経痛と呼ぶので病気の名前ではありません。

肋間神経痛の原因は様々で、痛みの感じ方も違います。                                                                  肋間神経痛の治療は原因を特定し、症状に合わせて行う必要があります。

症状と種類

 症状は患者様によって様々で、痛む場所や痛みの強さ、頻度が異なりますが                                    主に肋骨やわき腹、みぞおち、背中などに症状が出ます。

 また、肋間神経痛には種類があり

 胸椎椎間板ヘルニアなどの背骨の変形姿勢不良で                                                        神経が筋肉や骨格に押しつぶされて症状が出るものを                                                                   原発性肋間神経痛と言い、左右どちらかに鋭い痛みや                                                          呼吸が出来ないほどの痛みが現れるのが特徴です。

 その他に、水痘(すいとう)帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルス                     が原因でおこるもの続発性帯状疱疹と言います。                           続発性肋間神経痛は疲労やストレスなどで免疫機能が低下し                                                       湿疹ができ、ジクジク」「ピリピリした痛みを感じるのが特徴です。

肋間神経痛の改善のために

肋間神経痛は患者様によって                                   症状や痛みの感じ方が変わりますので                               その方の症状に合わせた治療が必要になります

当院では、最先端の電気治療機器を用いた                             検査・治療姿勢不良の矯正、免疫機能向上のための                        インナーケアなどその方に合った治療を提案させて頂きます。

症状を長期化させないためにも、是非ご相談下さい!!

お気軽にご相談ください